Being Art - Blog

Lightworker SHIHOLI - スピリチュアル&アート

Being Art - Blog

神聖幾何学デザイン ガラス作品の制作工程

 

制作工程

 

神聖幾何学のガラス作品を制作するためには、いくつかのステップがあります。

以下、簡単に制作工程をご紹介します。

今回ご紹介するガラス作品は、64テトラヒドロンです。

 

 

1、設計図を作成する

f:id:beingart:20180418190823j:plain

 

原寸大の図面を作成します。

図面は尺貫法を用いて設計します。理由は、尺貫法は身体感覚にフィットしやすい寸法だからです。

ガラスの外径とデザインの内径は、月と地球の大きさの比率をベースに割り出した計算方式を採用しています。

こうすることで、地球にグラウンディングしやすいデザインになるよう意図しています。

 

 

2、ガラスを円形にカッティングする

ガラスを丸くカットするには、熟練した技術力が必要です。

ガラスを円形に切り出す作業は、すべて、手作業で行っています。

ガラスの縁や角を滑らかにするコバ磨り(こばずりという作業も、手仕事で行います。

 

 

3、ガラスにマスキングを施し、設計図に沿って型抜きする

f:id:beingart:20180418191139j:plain

 

彫り加工したい部分を丁寧に型抜きしていきます。

 

 

4、サンドブラストとボカシ加工機械を使用して彫り込む

f:id:beingart:20180418193852j:plain

 

型抜きしたガラスを、業務用大型サンドブラスト機械ボカシ加工機械の2台を使って、文様を彫り込みます。

作業で使用するボカシ加工機械は、日本国内で現存しているものはごく僅かになってしまいましたので、本当に貴重な機械です。

(企業秘密なので写真でお見せすることが出来ないのが残念です。)

 

 

5、洗浄する

f:id:beingart:20180418191221j:plain

 

マスキングを剥がして、ガラスを洗浄します。

キレイに磨いたら出来上がりです。

 

 

f:id:beingart:20180418200217j:plain

 

 

ご購入できます。^^☆

www.officebeing.com

 

 

www.officebeing.com

 

 

www.officebeing.com

 

 

 

© SHIHOLI YAGUCHI © Office Being  All rights reserved. 
著作物の無断掲載引用等はご遠慮願います。

https://www.officebeing.com

 

 

 

 

保存保存

保存保存保存保存

© SHIHOLI YAGUCHI © Office Being. All rights reserved.