Being Art - Blog

Lightworker SHIHOLI のブログ。

Being Art - Blog

真の健康を考える・・・

f:id:beingart:20170528092253j:plain

 

皆さん、こんにちは。

Lightworker SIHOHOLI です。

 

いつもブログやホームページにアクセスしていただきまして、本当にありがとうございます。

今日は、わたしの体験をもとに、『真の健康』について、いま感じていることを、シェアさせてください。

長文ですので、お時間がおありのときにでも、お読みいただければ幸いです。

 

 

今年2月、わたしは日本在住の外国人が主宰するスピリチュアルなワークショップを知人から紹介され、参加しました。

それは特殊な呼吸法を2時間続けることによってクンダリーニのエネルギーを上昇させ、第5チャクラ(喉のチャクラ)で留める、という内容のワークでした。

参加の前に、わたしは主宰者に対してクンダリーニを途中で留めることで生じるリスクを事前に確認しました、「危険性はないのか?」と。

これに対して主宰者は「綿密に計算してワークショップを作っている。安全だ。危険はない。参加すれば、あなたの人生は変わる。」との主旨を話していました。

(後日、この主宰者は、クンダリーニを第5チャクラで留めることの危険性について、充分な検証を行わずにワークショップを開催した、と伝えて来ました。また、この外国人主宰者は母国が嫌で海外に出た人物であることを、彼のご家族から告げられました・・・。)

 

実際に参加してわかったことですが、クンダリーニを上昇させるための特殊な呼吸法を2時間も行うと、過呼吸状態になるため、酸素過多または酸欠になってしまいます。

このワークは蓮華座のポーズで行うのではなく、椅子に座って行うワークだったので、背骨や首に負担が掛かるものでした。特殊な呼吸法を続けながら、基底部から背骨、首、頭部に架けての縦軸のバランスを取るのは、非常に難しいと思います。

また、このワークの参加メンバーは、クンダリーニを第5チャクラで留めた後、その主宰者がチャネルする12の女神とつながらなければならず、満月、新月などの特定の日に特殊な瞑想を行わなければならない、などの設定が組み込まれていました。

更に、「このワークに参加した者には『お試し』や『試練』が訪れるだろう」と、予言めいたことを主宰者から告げられました。

 

わたしはこのワークに参加した直後から波動が下がってしまいました。頭痛、吐き気、目眩、倦怠感が続き、気力が無くなっていきました。

日増しに気分が悪くなっていったので、ワークショップでメモをしたノートを処分し、12の女神と称するエンティティたちとのエネルギーコードを完全に断ち切るイメージを持ちました。

ワークショップで教えられた特殊な瞑想も、一切、行いませんでした。

そして、しばらくの間は、普通に過ごせていましたが、次第に惑星地球で生きていく気持ちが薄れ、気力が奪われていくような感覚になりました。ほかにも、大きなストレスを抱えてしまい、心が潰れてしまいそうになっていました。

 

そして、3月の春分の日。

わたしは、その日の午前2時頃に、自分の首が引きちぎられ、頭と身体が切り離されてしまう夢を見ました。

目を醒ましたとき、寝汗をびっしょり掻いており、身体に異変を感じました。第3チャクラに奇妙な違和感を感じました。

すぐに多次元的なヒーリングを行い、自分の意識領域からこの不安を消すイメージをしましたが、「近いうちに何かが起こる」と直感しました。

 

その翌日、身体の関節に痛みを感じ始めました。骨と骨が緩んでいくような感覚がありました。

更に翌々日、激しい胃痛と同時に、首や肩に重たい痛みを感じるようになりました。

次第に症状が悪化し、左首、左肩、左腕などの左半身に激痛が走り、歩行が出来なくなりました。

そして、救急搬送されました。

その数日間、わたしは自分の肉体と意識が分離していくような体験をしました。

 

 

一瞬、「死」が頭をよぎりました。

身体が老化して死んでいく体験を、一気に経験したような感覚になりました。

 

「死」を感じたとき、わたしは惑星地球で生きて体験したすべてに対して、心から「ありがとう」と思いました。

 

 

「感謝」

 

 

これが、わたしの内側から湧いてきた純粋な気持ちでした。

 

 

f:id:beingart:20170528112625j:plain

 

 

しかし、「死」を感じたと同時に、わたしは自分の身体を構成する細胞たちの声も感じていました。

 

細胞のひとつひとつが、「生きたい!」と主張している。

 

左半身は動けなくなっていましたが、肉体の細胞たちはまだ生きることを選択しようとしていることが、はっきりと感じられたのです。

 

この時、わたしの身に起きたのは、わたしのマインドが「生」を選んでいたというよりもむしろ、わたしの身体を構成している細胞たちが「生」を選んでいた、ということでした。

細胞の中に宿る本来の力、多次元的なDNAの力が、生きることを選んでいたのです。

 

・・・。

 

 

病院でのMRI撮影と整形外科医による診察の結果、わたしの症状は「頸椎椎間板ヘルニア」と診断されました。

わたしのヘルニアの症状は、何か強い衝撃を加えたり激しい運動をしないと発症しないものだと告げられました。

この医療処置として「保存療法」が執られました。保存療法とは、首に「頸椎カラー」と呼ばれる医療器具を取り付けて、お薬を服用しながら、3週間、安静に過ごし、その後はリハビリを続けながら、痛みが緩和するよう、経過を観察する、という治療法です。 

 

自宅に戻ってからのわたしの生活は、困難さを増しました。

ちょっと動いただけでも全身にしびれや痛みが生じてしまうので、毎日、普通に日常を生きようとするだけでも、本当に、本当に、たいへんでした。

 

お医者様が処方してくださったお薬の中には、副作用の強いお薬もありました。そのお薬を服用後、わたしの身体に目眩と立ちくらみの症状が出たため、副作用のない飲み薬に変更していただきました。

それに加えて、新たに処方された塗り薬がありました。この塗り薬は、患部に塗布した後、紫外線を浴びないでください、という注意書きがありました。万が一、紫外線を浴びてしまうと、光線過敏症という皮膚炎が発症する可能性のある、副作用の強い塗り薬だったのです。そのため、外出する際は、特に慎重にならざるを得ませんでした。

お薬の服用によって確かに頸椎椎間板ヘルニアの痛みは緩和されます。しかし、お薬には副作用があります。わたしは、ヘルニアの症状を発症してしまったことで、身体的にも精神的にも、大きな負担がのし掛かることになったのです。

 

 

 

f:id:beingart:20170528112439j:plain

 

 

頸椎、首は、頭と身体をつなぐ大切な器官です。首には、様々な神経が通っています。

また、首は様々な筋肉ともつながっています。

首を痛めてしまうと、全身の運動機能に支障を来す恐れがあります。首の状態が悪いと、胃腸も悪くなることがあります。

 

頸椎椎間板ヘルニアが悪化すると、肩や腕の痛みだけでなく、歩行障害や排泄障害が起こる可能性も出てきます。手の握力がなくなり、細かな作業が出来なくなる恐れもあります。

椎間板は、頸椎や胸椎、腰椎などの骨と骨の間に位置する軟骨です。 この軟骨に亀裂が入り、つぶれてしまうことで、椎間板の内部にある髄核が飛び出します。飛び出した髄核は、頸椎の後ろを通っている神経を圧迫してしまいます。

これによって、身体に痛みやしびれが発症してしまうのが、頸椎椎間板ヘルニアの症状です。

頸椎椎間板ヘルニアの症状になったら、出来るだけ悪化しないように安静にしつつ、今後の人生で再発しないようにしなくてはなりません。

 

わたしの場合、身体を動かすたびに手足にしびれや痛みが走ってしまいましたので、身体に余計な振動を与えないよう、工夫しながら日常を過ごさなくてはなりませんでした。

また、時折、背中や足、顔などにも、針やアイスピックなどで突き刺したかのような鋭い痛みが走ることもあったため、同じ姿勢を長時間続けることが出来ませんでした。

  

その一方で、出来るだけ、明るく前向きに捕らえて、元気に振る舞おうと努力はしました。

しかし、身体に痛みがある状態で無理にモチベーションを上げるのは非常に困難でしたし、それはあまり賢明なことだとは思えませんでした。

 

 

f:id:beingart:20170528112522j:plain

 

 

 ・・・そこで、わたしは、出来るだけ、身体をラクにするよう、「いま」にいて、「いま」「この瞬間」を閑かに感じるようにしました。

 

自分で自分にヒーリングを行ってみました。クリスタルを用いた浄化も行いました。

 

そして、身体を安静にしながら、多次元的な意識にアクセスし、神聖なハイアーセルフの真のテンプレートと、わたしの肉体をつなげるよう、イメージしました。

 

グレート・セントラル・ソースに意識をつなげ、大いなる宇宙のエネルギーを身体に取り入れるビジュアライゼーションも行いました。

 

また、自分の首や肩に意識をフォーカスしてみると、古代エジプトやアトランティス時代の過去生の記憶や痛みが詰まっているように感じたので、天使たちにお願いし、古い設定を解除するようにしました。

 

・・・スピリチュアルな瞑想やイメージワークを行いながら、わたしは、更にもっと身体にとって良いことをしてあげたい、と思うようになりました。

 

 

f:id:beingart:20170528112909j:plain

 

 

身体は、スピリットが宿る大切な神殿です。

 

本来のわたしたちは「無限なる存在」であり、神の意識、スピリットです。

 

そして、惑星地球で経験するためには、身体というスピリットの神殿が必要です。

 

この神殿は、本来のわたしたちの叡智が詰まった最高のエネルギーセンターです。

 

 

自分の身体を大事にするということは、わたしたちの本来の叡智を人間経験を通して発揮していく豊かな機会を創り出します。

 

身体にとって良いことをしてあげることは、本来の自分の可能性を充実させることにもつながります。

 

・・・。

 

 

f:id:beingart:20170528112953j:plain

 

 

・・・さて、身体が最も求めているものとは、何でしょうか。

 

もちろん、「愛」や「感謝」も大切です。

身体も細胞のひとつひとつも、大いなる意識が創造した神の愛の結晶です。身体の健康のためにスピリチュアルな波動を高めることも大切です。

   

そして、ここでは、もう少し、地に足をつけながら、実生活レベルでどんなことが出来るか、具体的に見つめていきたいと思います。

 

 

身体が求めているもの。

 

それは、適度な「睡眠」「運動」「栄養」です。

 

なぜ、そう言えるかというと、これら3つの要素のどれかひとつでも欠けてしまっても、健全な身体機能を維持することが出来ないからです。

睡眠不足も、運動不足も、栄養不足も、健康に支障を来してしまいます。

 

 

そこで、まず、わたしは、睡眠状態を良くするために、「寝具」や「枕」に注目しました。

偶然にも、わたしの自宅の近くに東京西川の直営店であるピロースタンド(枕の専門店)がオープンしていたので、そのお店に行き、オーダーメイドで枕を作っていただきました。

 

www.pillowstand.com

 

上記のお店で、頭、首、肩の曲線を測っていただき、枕の高さを調節してもらい、自分専用の枕を造って戴き、それを使用して眠るようにしてみました。

すると、以前よりも眠りが良くなり、首や肩の痛みも和らぎました。

 

枕を作っていただいている間、お店の専門家スタッフと雑談したのですが、どうやらわたしの首は一般の他のお客様と比べても華奢(きゃしゃ)な首をしている、とのことでした。

整形外科医からも、同様に「首の力が弱い」ということを指摘されていました。

自分ではあまり自覚していなかった分だけ、「そっか、そうだったのか、なるほど」と納得しました。

 

 

人間は、人生の三分の一を睡眠時間に充てています。

眠っているときに、身体は調整され、修復されます。

枕が身体と合っていないと、頭や首、背中、腰にも負担が掛かります。

枕を変えるだけで、眠りの質が変わることもあります。

 

わたしは、自分の枕を自分に合ったものに作り変えたことで、寝つきが良くなり、身体が回復しやすくなりました。

 

ほかにも、出来るだけ、気持ちよく、ぐっすりと眠れるように、枕元に自分の好きなクリスタルを置いてみたり、好きな香りを嗅いだりして、リラックスしてから眠るようにしました。

より質の良い睡眠は、健康には欠かせないものだと、わたしは実感しています。

 

 

f:id:beingart:20170528113059j:plain

 

 

次に、適度な「運動」について、です。

 

わたしは、約10年ほど前から、早朝の時間帯に1時間〜1時間半のウォーキングを行い、簡単なストレッチなども取れ入れるなどして、運動を続けていました。これでも自分では充分に運動を取り入れているつもりでした。

しかし、ウォーキングだけ行っていては、使っている筋肉がいつも同じなので、使っていない筋肉が凝ってしまうこともあります。

 

頸椎椎間板ヘルニアの症状が発症してから最初の1〜2週間は、安静にしなければなりません。

なので、無理は禁物ですが、その後のわたしは、頸椎カラーを付けた状態で徐々に軽いウォーキングを再開しました。

 

発症から3〜4週間目に入ると、軽いウォーキングに加えて、無理のない範囲で全身を緩やかに動かす運動も取り入れました。もちろん、首に負荷が掛からないように、ですが・・・。

 

発症から3週間目で頸椎カラーを外しました。

たった3週間、首や肩を動かさないでいただけなのに、身体の筋肉が固まってしまい、動かしにくくなっていました。

 

整形外科医と理学療法士の指導で、肩や肩甲骨を柔らかくほぐすリハビリを教えていただきました。とくに、肩甲骨の動きを良くしていくと、頭や首につながる筋肉に良い影響を与える効果もあるようでした。

 

肩甲骨を柔軟にすることは、本当に大切なことです。

(余談になりますが、肩甲骨は、スピリチュアルの用語では「天使の羽」とも呼ばれています。「天使の羽」が和らぐと、ハートチャクラも開きやすくなります。)

 

また、全身の筋肉はそれぞれつながり合っているので、上半身を柔軟にするのと同時に足を鍛えることも大切です。

 

それから、これは理学療法士さんから教えていただいたことですが、デスクワークなどの同じ姿勢を続けるようなお仕事をしているときは、40分〜50分経過したら一度立ち上がって、軽いストレッチをしてみたり、肩を回したり、ちょっと歩いてみたりするのが良いそうです。こうすることで、肩や首の凝りや痛みを軽減させていくことが出来るようです。

  

身体を痛めているときは決して無理をしてはなりませんが、自分の身体の状態に見合った適度な「運動」であれば、身体を健康に保つために役立ちます。

 

いま、改めて、「運動」の大切さを実感しています。

 

 

f:id:beingart:20170528113305j:plain

 

 

そして、三つ目は「栄養」です。

 

わたしたちの身体は、消化し、吸収されたものから出来ています。

わたしたちが普段から何を食べ、何を飲むか、どんな空気を吸うか、などによって、身体のはたらきも変わるのです。 

 

わたしたちが生きている現代の環境は、たくさんのストレスに満ちています。

環境汚染、化学物質、人工物などに溢れた生活環境の中では、自分で自覚できるストレスの原因もありますが、気づかないうちにストレスを溜め込んでしまうこともあります。

多様なストレスから自分の身を守るためには、身体の健康を維持することが大切であり、そのためにも適切な栄養素を身体に取り入れる必要があります。

 

わたしの例になりますが、約10年前から、飲み水は必ず浄水器を通したお水やミネラルウォーターを飲むようにし、お野菜も出来るだけオーガニックを選ぶようにしてきました。 純粋なきれいなお水を飲んだり、愛情込めて農家の人々が作ったお野菜をいただくと、身体も心も自然に元気になるからです。

わたしは完全なヴィーガンではありませんが、あまり動物性のタンパク質は摂らないようにしていました。そして、身体が求めるときにだけ、出来るだけ愛情を込めて育てられた動物性の食材を選ぶようにしていました。

(スピリチュアルな在り方として、動物性タンパク質の摂取については賛否両論があると思います。そのご判断は皆様に委ねようと思います。)

  

草食主義に徹することで、健康に良い部分もたくさんあります。

ただし、野菜や果物にはビタミンB12がほとんど含まれていないため、草食主義を続けていると、ビタミンB12が不足する可能性があります。

ビタミンB12が欠乏すると、血液や筋肉を作る力が弱くなり、身体を痛めやすくなることもあります。

椎間板ヘルニアの症状は草食主義の人に多く診られる、という情報もあるくらいです。

 

更に、現在の食糧事情では、どんなに食事に気を遣っていたとしても、十分な栄養素を摂取することが困難になってきています。

数十年前の日本国内で採れた野菜の栄養素と比較すると、(野菜の種類にもよりますが)現代の野菜の栄養素は10%程度しかありません。

食材の栄養価が、環境の変化と共に、どんどん、下がってしまっているのです。

ましてや、農薬、除草剤、添加物、人工甘味料、人工着色料などを摂取し続ければ、身体に悪影響を及ぼすということは、火を見るよりも明らかです。

合成洗剤やシャンプーなどからの経皮毒もあります。

住環境も大きく変わりました。

自然の木材や漆喰を使って家を建てることが減り、代わりに鉄筋コンクリート造の構造物が増えました。現代の建築物には新建材や接着剤が大量に使用されています。そのため、日常的に汚染された空気を吸い込むことによる悪影響もあります。

 

身体に害のある毒素を排出するためには、健全な身体、健全な内臓の機能を維持することが欠かせません。

なので、健康に生きていくためにも、適切な栄養素を摂取する方法を考慮しておく必要があるのではないかと、わたしは思っています。

 

 

f:id:beingart:20170528164616j:plain

 

 

バランス良く、品質の良い栄養素を、適度に摂取していくことは、身体の健康維持にとって、本当に大切なことです。

 

わたしは、頸椎椎間板ヘルニアを発症したことで、この身体を回復させるために、適切な栄養を、どうやってバランス良く、そして、効率よく摂取することが出来るだろうか、と考えました。

 

その手立てとして、わたしは、サプリメントを使うことを選びました。

 

わたしは、サプリメントについてはあまり詳しくなかったのですが、ひとつだけ、思い当たるものがありました。

それは、3年前に偶然にお会いした人からご紹介していただいた、非常に効果の高いサプリメントでした。その時にいただいた書類を、わたしはずっと本棚の奥にしまっていました。

久しぶりに、その人に連絡を入れてみました。そして、どこであのサプリメントを購入したらよいのかを尋ねてみたところ、快く教えてくださいました。(ありがとう、Kさん!)

 

正直に言ってしまえば、わたしは、とにかく効果がありそうなものを試してみたかったのです。なんとしても、この身体を回復させたかったから・・・。

^^;

 

そして、以下のウェブサイトでサプリメントを購入し、試してみることにしました。

  

truehealth.jp

  

なぜ、今回、わたしが、このブランドのサプリメント(ヘルスパック)を選択したのか。

その理由は、このメーカーのサプリメントは、第三者機関からの科学的で客観的な高い評価を得ていることにあります。

そして、(日本ではなく海外の事例になってしまいますが、)米国の医師たちがお薬を処方する際に使用する「米国医師用卓上参考書」(PDR/Physicians' Desk Reference)に毎年連続で掲載されている製品である、ということを、3年前に出会った人から教えていただいていたからでした。

つまり、科学的・医学的にも、身体の細胞にとって最も効果があるサプリメントである、ということを、わたしは3年前から知っていたのです。

もしも知らないままだったとしたら、今回、こうして試してみることもなかったと思います。

 

このサプリメントの製造会社は、USANA(ユサナ)と言います。この企業名は日本ではほとんど知られていません。

この会社の製造工場は、非常に厳正な製品管理を行っているそうで、米国食品医薬品局(PDA/Food and Drug Administration)からの認定を受けており、サプリメントの会社であるにも関わらず医薬品も製造をしてもよい、という許可を得ています。

また、カナダ政府が生化学者や専門家など12名に依頼し、市場に流通している1500品目のサプリメントを調査させた結果、USANAのサプリメントが最高得点を取得し、第一位であり、最も効果の高いサプリメントであるという客観的評価を得ています。(出典:「栄養補助食品比較ガイド」NutriSearch Comparative Guide to Nutritional Supplements

また、このサプリメントは、体内に入ると15分で崩壊消化されることが実験結果で実証されています。通常、医薬品の場合は30分で崩壊消化されなければならないようですが、USANAの製品はサプリメントであるにも関わらず、医薬品の基準を遙かに上回る15分という短時間で消化吸収されるのです。

 

わたしはこうした情報を予め知っていたので、今回、自分の身に起きた頸椎椎間板ヘルニアの症状を緩和させるためにも、身体の健康を内側から回復させるためにも、適切な栄養素を摂取する必要があると感じて、このブランドのサプリメントを試してみることにしました。

 

また、頸椎の椎間板は軟骨成分でもあるので、グルコサミンも摂取してみようかと思い、プロコサというサプリメントも摂取することにしました。

 

 

USANAのサプリメントには、2016年に新たに発表されたインセリジェンス・テクノロジーと呼ばれる技術が含まれています。

youtu.be

これは、細胞間シグナル伝達を特定し、細胞の内側からDNAに直接はたらきかけることで、細胞内の抗酸化力が高め、細胞を保護する機能を向上させるものです。

また、細胞内のミトコンドリアにはたらきかけて、ミトコンドリアのリサイクル再生機能(マイトファジー)を高め、生命を維持するために必要なエネルギー(アデノシン三リン酸/ATP)を作り出します。(現在、インセリジェンス・テクノロジーについては米国特許出願中だとか。)

 

 

ミトコンドリアは、わたしたちに必要なエネルギー(ATP)の約94%を生み出しています。ミトコンドリアがなければ、身体の生命維持が出来ません。

体重60㎏の人であれば、その10%にあたる6㎏がミトコンドリアです。

若いミトコンドリアは、ATPを生産するときに、わずかな量しか活性酸素を出しません。しかし、老化したミトコンドリアの場合、ATPの生産は減少し、活性酸素を大量に放出します。

 

活性酸素とは、電子を失った不安定な分子のことです。

分子が電子を失うことを酸化と言います。そしてこれはフリーラジカルな状態であると言うことも出来ます。

f:id:beingart:20171105191451j:plain

フリーラジカルな活性酸素は、失ってしまった電子を求めて彷徨います。

そして、自分と似たような電子を持っている他の分子を見つけると、相手の電子を横取りします。

すると、電子を奪われた分子もまた同じように不安定になってしまいますので、更に他の分子から電子を奪います。このようにして、活性酸素は延々と電子の奪い合いを続けてしまうのです。増えすぎた活性酸素は、細胞内の細胞小器官や核酸、遺伝子までも傷つけます。

活性酸素は、ある程度の適度な量であれば、必要不可欠な成分でもあると言えます。しかし、細胞内で活性酸素が多量に存在し続けてしまうと、細胞は正常なサイクルの維持が困難になってしまいます。細胞が正常なサイクルを維持することが出来ないと、細胞は老化がどんどん進みますので、結果的に様々な病気の原因を引き起こしてしまうのです。

 

細胞内で活性酸素が多量に存在してしまう原因は、ミトコンドリアの老化のほかに、様々なストレスに日々晒され続けた結果であるとも考えることが出来ます。

 

細胞の老化。

分子の酸化。

ミトコンドリアの老化。

これらの問題を解消するために、科学的に実証された二つの方法があります。

 

一つは、細胞内で活性酸素に対抗できる抗酸化物質を自分で作り出してしまうことです。

細胞それ自体が作り出す抗酸化物質は、食事から得られる抗酸化物質よりも数十倍から数百倍もの抗酸化力を持つということが科学的にわかってきています。

つまり、細胞内で抗酸化物質を産生することができれば、活性酸素に対抗できるのです。

そのためにどうすればいいか。

f:id:beingart:20171105191940j:plain

USANAの科学者たちは、それを可能にする栄養素の配合を見つけました。そして、それをサプリメントとして提供することによって、抗酸化力を最大100倍にする方法を実現したのです。

体内の細胞で産生された抗酸化物質は、フリーラジカルである活性酸素に、電子を一個、与えます。すると、活性酸素は安定した分子に戻ることが出来ます。

これらの還元のプロセスにおいて、体内で産生された抗酸化物質それ自体は、酸化還元のプロセスには加わらずに、電子を供給し続けることが出来ます。

私たちの体内で作られる抗酸化物質は、食事から摂取できる抗酸化物質よりも高い還元能力を持っているのです。

 

 

そして、二つ目は、ミトコンドリアの再生能力を向上させることです。

ミトコンドリアのリサイクル再生機能が低下すると、古くなったミトコンドリアは細胞内で大量の活性酸素を出してしまい、細胞それ自体の老化が進んでしまいます。そして、結果的に病気の原因につながります。

f:id:beingart:20171105193444j:plain

askthescientists.com

言い換えると、ミトコンドリアが元気になっていくことが出来れば、ATPの産生の量が増え、活性酸素の量を適度に抑えることが出来るので、わたしたちの生活環境に溢れるストレスに対する抵抗力も身体の内側から高まっていく、と言うことが出来ます。

ミトコンドリア次第で、病気のリスクも減る可能性があるのです。

 

USANAの科学者たちによって開発されたインセリジェンス・テクノロジーを含んだ高品質な栄養素の複合体は、ミトコンドリアの再生力を高め、細胞のATPの産生能力における恒常性を保つようにします。そして、細胞内の活性酸素の量は少ない状態で維持されるため、細胞機能を正常に維持する効果が期待できると言えるのです。

 

 

さて、USANAのサプリメントを使用するにあたり、「外国製のサプリメントは日本人の体質に合うのかしら?」と思ったりしました。で、確認したところ、日本で販売されているUSANAの製品は日本の基準に合わせて日本人用に開発されているものだそうです。(よくある質問

  

・・・そして、実際に、このサプリメントを試してみてのわたしの個人的な感想ですが、おかげさまで、体調はかなり良くなりました。

まず、身体の動きがラクになりました。頸椎椎間板ヘルニアが発症してから二ヶ月目の現在、わたしの症状はまだ完治していませんし、リハビリを続けなければならない状況ではありますが、USANAのサプリメントを摂取するようになってから、格段に頸椎椎間板ヘルニアの回復が早まった感覚もあります。

ヘルスパックを摂取して2日目には、杖を外して1時間程度、ゆっくりと外を歩くことが出来ました。頸椎椎間板ヘルニアを発症してから約2週間も経過していた時期でしたので、自分の両足で歩けただけでも本当に嬉しかったです。

更に追加して、植物由来のグルコサミンが主成分のプロコサを飲むようになってからは、朝目覚めると1時間だけ全く痛みを感じない時間を体験しました。それまでは、朝の目覚めと同時に首や全身に激痛が走り、つらい思いをして朝を迎えるしかなかったのです。「朝が来なければいいのに」とさえ思った瞬間もあったほどでした。しかし、プロコサを摂取するようになってから、たった1時間だけでも痛みのない朝を過ごせたのです。本当に嬉しくて、やっと本当の自分を取り戻せたような感覚になりました。

更にその翌日は、朝起きてから2時間は痛みを感じませんでした。翌々日は3時間、数日後にはお昼頃まで痛みがない時間が続くようになりました。気がつくと、ほぼ一日中、夕方まで痛みを感じずに過ごせるようになりました。

また、ダイエットをしているわけでもないのに、身体の無駄なものが減って、スッキリしました。体重計で計測すると、内臓脂肪が若干減りましたし、リハビリや運動の成果もあるとは思いますが、筋肉量が増えました。わたしは肥満ではありませんでしたが、適切なウエイト・コントロールが出来るようになったことで、首や肩、腰や足などに不必要な負担を掛ける心配も減りました。

また、どんなに気力体力を消耗して疲れた夜であっても、USANAのサプリメントを摂取していると、翌朝、疲れを残すことなく、スッキリと目を醒ますことが出来るようになりました。

わたしが経験した効果は、おそらく、インセリジェンス・テクノロジーによる品質の良い栄養素を取り入れたことによって、抗酸化力が高まり、且つ、ミトコンドリアの再生機能が高まったことで、生命維持に必要なエネルギーが増えて、身体的なストレスが軽減されたことによるものだと思います。

質の良い適切な栄養素を身体に与えてあげることの大切さを、今回、身をもって体験しました。

 

 

ここで、忘れてはならない、大事なことを付け加えておきます。 

サプリメントだけに頼ることは禁物です。サプリメントはあくまでも補助食品なので、カロリーがほとんどありません。栄養を適度に摂取するためには、質の良い食材をうまく調理して、美味しく、バランス良く、ちゃんと食べていくことが大切です。 

ご存知のように、生のお野菜や果物には、生命のエネルギーが宿っています。新鮮な生野菜や果物も適度に摂取しながら、生きた酵素を取り入れることも、健康を維持するためには大切なことだと思います。

更に、栄養素を効果的に摂取するためには、消化吸収をしてくれる大切な器官である「腸」のはたらきを、日頃から良くしておくことも大切です。良質な発酵食品などを適度に摂取して、腸の状態を改善しておくと良いでしょう。

 

尚、日本で販売されているサプリメントは、健康補助食品であって、病気や怪我に対する医薬品ではありません。特定のサプリメントが治療の効果があるように謳うことは、日本の法律で禁じられています。

その一方で、USANAのサプリメントは、厳格な医薬品基準を遵守して製造されており、世界的な第三者機関の評価も得ています。

ここに記した体験は、あくまでもわたし個人の体験であって、日本における医学的なエビデンスに基づくものではないことを明記しておきます。

 

 

f:id:beingart:20170528123127j:plain

 

 

 

この数ヶ月間、わたしはたくさんのことを学びました。

自分らしく輝いて生きていくためには、身体の健康は不可欠です。

わたしは、真の健康の大切さを、改めて、感じ入りました。

 

スピリチュアルだからといって、身体の健康を害するようなアプローチをしていたのでは、本末転倒になってしまいます。危険なワークショップも、試練を課すような設定も、もう不要です。わたしは、そのようなものに参加することはないでしょう。

わたしは自分を大切にしながら、自分をいたわり、自分を愛し、自分に嬉しい体験をたくさん与えて、喜びに満ちた健康な人生を歩んでいきたいと思っています。

 

あなたの人生は、あなたのものです。

あなたが、あなたの人生の創造者です。

 

・・・わたし自身の体験は、わたしの体験です。いま、このブログをお読みになっている皆様にも、それぞれの体験がおありだと思います。 フィーリングに合わないものがあれば、立ち止まらずに、手放していただければと思います。

そして、もしも、わたしの体験や学びが、皆様にとって、何かひとつでもお役に立てるのであれば幸いです。

 

 

あなたが幸せでありますように。

あなたが健やかでありますように。

  

真の健康は、あなたのものです。

あなたの人生は、あなたが創造することが出来ます。

喜びに満ちた人生をたくさん創造していきましょうね。

 

 

お読みいただきまして、ありがとうございました。

感謝を込めて。

 

 

f:id:beingart:20170528172604j:plain

 

 

Love & Light
Lightworker SHIHOLI

https://www.officebeing.com

 

© SHIHOLI YAGUCHI © Office Being  All rights reserved. 
著作物の無断掲載引用等はご遠慮願います。

 

 

 

 

 

 

保存保存

© SHIHOLI YAGUCHI © Office Being. All rights reserved.